FIATの電気自動車&ハイブリッド情報

EVフィアット「500e」ブログ

水素自動車 フィアット

マントヴァで試験運用された3台のフィアットパンダ・ハイドロゲン(水素自動車)

投稿日:2007-10-19 更新日:

2007年9月、パンダ・ハイドロゲン(水素自動車)のプロトタイプのテストがマントヴァで開始されました。マントヴァでわずか3台生産されたゼロエミッション車です。パンダ4x4をベースに製作されたため、見た目にも美しく、標準モデルとの技術的な違いは甚大です。技術的な観点からは、2001年と2003年に製造された2台のセイチェントH2コンセプトカーの後継車でした。プロトタイプは、燃料電池(PEMタイプ)によって生成された電流を動力源とする電気モーターによって駆動されました。

燃料電池は水素と酸素が導入され、これらが組み合わされることで電気を生成し、同時に発生する水を排出。水素は通常のガソリンタンクの代わりに車両後部に配置されたタンクから引き出され、空気はエンジンコンパートメントにあるコンプレッサーによって吹き出され、外部から引き出される。電気エネルギーは、それをエンジンに伝達する電力装置に送られ、生成された水は、床の高さまで逃げる排気管から排出されました。

定期的に流通が承認されている3つのプロトタイプは、ロンバルディア州によって1部あたり約400.000ユーロの費用で購入されました。250.000は、PEMセルの構築にのみ必要です。

-水素自動車 フィアット

Copyright© EVフィアット「500e」ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.