FIATの電気自動車&ハイブリッド情報

EVフィアット「500e」ブログ

フィアットの電気自動車 水素自動車 フィアット EV電気自動車 全般

フィアット・パンダの水素自動車|Fiat Panda HYDROGEN ハイドロゲン・コンセプトカー

投稿日:2006-10-19 更新日:

パンダ・ハイドロゲンは水素自動車のプロトタイプ。燃料電池型の水素自動車は2006年にフィアットパンダで試されています。

燃料であるガス状水素は、350バールの床下水素タンクに貯蔵。パンダ・ハイドロゲンは40kW(54 hp)の出力を生成し、130 km / h(81 mph)の最高速度を達成。市街地走行での走行距離は200km(120マイル)以上。

2001年にもフィアットの燃料電池タイプの車両セイチェント・エレトラで燃料電池の最初のバージョンを試作導入、その後セイチェント・ハイドロゲンという車も造られています。

2006年のフィアットパンダ水素コンセプトカーは、ヌベラの新しいアンドロメダII燃料電池スタックを備えています。この水素燃料電池により、車両は高い出力密度と耐久性、およびコールドスタート機能を備えています。

マサチューセッツ州とイタリアのハイテク開発者であるNuveraFuel Cells Inc.がアンドロメダIIを開発。

フィアットパンダ水素自動車のシステムには、高度なターボブロワー、試薬ガスを正しく管理するための冷却および加湿システム、および補助コンポーネントセットを含む3つの主要な燃料電池コンポーネントがあります。このシステムにより、車両はより高い出力で機能し、スムーズなハンドリングが可能になります。

フィアットパンダ水素車の燃料電池と水素タンクは、燃料電池スタックがボンネットの下に配置されていた2004年版のパンダ水素車とは異なり、フロアパンの下に配置されています。

2006年モデルでは、送電および交流三相非同期電気エンジン(60 kw)がまだボンネットの下にあります。フィアットはまた、発電システムは非常に効率的であるため、60%が利用可能であり、最大電力はわずか20%であると述べています。

2006年のフィアットパンダ水素自動車はフルパワーシステムを使用しています。つまり、電気エネルギーを蓄積するための駆動バッテリーがありません。パンダコンセプトは、水素タンクから燃料電池に直接十分なエネルギーを受け取り、必要な電力を高トルクの電気モーターに供給します。これは、小型のバッテリーパックを含むハイブリッドシステムを使用して、必要に応じてより多くのジュースを供給し、回生ブレーキによってエネルギーを回収する2004年のパンダ水素コンセプトからの変更点です。

2006年のパンダコンセプトは、5秒で時速0マイルから時速30マイルまで加速し、時速約78マイルの最高速度に達することができます。他の低出力水素自動車とは異なり、フィアットパンダ水素自動車は離陸時に23度の傾斜を作ることができます。パンダ水素自動車はまた、120マイル以上の移動距離と5分未満の給油時間を誇っています。

フィアットパンダ水素自動車は、研究を実験段階からプロトタイプの研究車両に進めるというフィアットの進歩を示しています。2006年のフィアットパンダ水素自動車は、2006年2月にイタリアのトリノで開催された初めての水素オリンピックで披露されました。これは同じ都市での2006年の冬季オリンピックと同時期に行われました。パンダ水素コンセプトは、フィアットリサーチセンター、フィアットオート、フィアットパワートレインリサーチ&テクノロジー部門の合弁事業の成果です。

2006年末には、2006年のパンダ水素コンセプトカーがイタリアおよびその他の欧州連合周辺でテストフリート車両として展開される予定です。

2010年にフィアットパンダコンセプトがアップグレードされました。クアリオンは現在、フィアットパンダにリチウムイオン電池(マトリックスおよびHAMテクノロジーを使用)を提供して、エネルギー貯蔵と安全性の両方を向上させています。燃料電池も、Nuveraによって設計された新しいスタックでアップグレードされました。

フィアットパンダ水素自動車のシステムには、高度なターボブロワー、試薬ガスを正しく管理するための冷却および加湿システム、および補助コンポーネントセットを含む3つの主要な燃料電池コンポーネントがあります。このシステムにより、車両はより高い出力で機能し、スムーズなハンドリングが可能になります。

フィアットパンダ水素車の燃料電池と水素タンクは、燃料電池スタックがボンネットの下に配置されていた2004年版のパンダ水素車とは異なり、フロアパンの下に配置されています。2006年モデルでは、送電および交流三相非同期電気エンジン(60 kw)がまだボンネットの下にあります。フィアットはまた、発電システムは非常に効率的であるため、60%が利用可能であり、最大電力はわずか20%であると述べています。

2006年のフィアットパンダ水素自動車はフルパワーシステムを使用しています。つまり、電気エネルギーを蓄積するための駆動バッテリーがありません。パンダコンセプトは、水素タンクから燃料電池に直接十分なエネルギーを受け取り、必要な電力を高トルクの電気モーターに供給します。これは、小型のバッテリーパックを含むハイブリッドシステムを使用して、必要に応じてより多くのジュースを供給し、回生ブレーキを介してエネルギーを回収する2004年のパンダ水素コンセプトからの変更点です。

2006年のパンダコンセプトは、5秒で時速0マイルから時速30マイルまで加速し、時速約78マイルの最高速度に達することができます。他の低出力水素自動車とは異なり、フィアットパンダ水素自動車は離陸時に23度の傾斜を作ることができます。パンダ水素自動車はまた、120マイル以上の移動距離と5分未満の給油時間を誇っています。

フィアットパンダ水素自動車は、研究を実験段階からプロトタイプの研究車両に進めるというフィアットの進歩を示しています。2006年のフィアットパンダ水素自動車は、2006年2月にイタリアのトリノで開催された初めての水素オリンピックで披露されました。これは同じ都市での2006年の冬季オリンピックと同時期に行われました。パンダ水素コンセプトは、フィアットリサーチセンター、フィアットオート、フィアットパワートレインリサーチ&テクノロジー部門の合弁事業の成果です。

2006年末には、2006年のパンダ水素コンセプトカーがイタリアおよびその他の欧州連合周辺でテストフリート車両として展開される予定です。

-フィアットの電気自動車, 水素自動車 フィアット, EV電気自動車 全般

Copyright© EVフィアット「500e」ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.