FIATの電気自動車&ハイブリッド情報

EVフィアット「500e」ブログ

EV フィアット500e

日本発売のフィアット500EVはサブスク&カーリース・カーシェアで導入

投稿日:2022-04-05 更新日:

電気自動車のフィアット500EVが日本でも発売間近と言われていますが、リースやカーシェアリングといった様々な導入方法があ予想されると思います。たとえば欧州車のボルボ(Volvo)などでは、EV車を販売するだけでなく定額料金サービスのサブスクリプション(サブスク型)を取り入れています。

フィアット(FCAジャパン)でも、2018年10月1日から個人向けカーリースの販売プランを開始しています。「パケットFIAT」という個人向けカーリースですが、FCAジャパンと住友三井オートサービスが共同開発したリース期間5年の商品。対象車種はフィアット500(フィアット・チンクエチェント)」のみでしたが、現在ではフィアット・パンダ等も含む全車種にサービス内容が拡大されています。

「パケットFIAT」は、近年の個人リース需要の高まりを背景として、幅広いユーザー、とくに初めてのカーライフを迎える層にアピールする意図により設定された購入プランです。

 

車のサブスクリプションとは?

サブスクリプション(英語: subscription)とは、定額料金を支払い利用するコンテンツやサービスのことです。自動車を「所有」ではなく、一定期間「利用」するプラン。日本では「サブスク型」という略称で呼ばれていますね。このサブスク・プランは、設定された毎月の一定額を支払うことで、選んだ車をマイカーのように乗ることができるというもの。”車離れ”と言われますが、クルマを所有することが難しいと感じる人達や世代のハードルを下げること目的に、広く提案されるようになってきたカーライフプランの一つです。

トヨタ自動車のサブスク型サービス「KINTO(キント)」やカーリースの「定額カルモくん」などCMでもよく見かけるので有名だと思います。

 

電気自動車・フィアット500EVのカーシェアリング【イタリアの場合】

新しいEVフィアット500のカーシェアリングサービス「LeasysGO!」が本国イタリアのトリノで行われています。

FCAの子会社のLeasysが開発したシステムで、まずはFIATのお膝元トリノを持続可能エネルギーによるモビリティ都市にする試みの一つです。

ユーザーは、1か月あたり2時間を上限に、新型フィアット500をスマートフォンにダウンロードした専用アプリを通じて予約・利用できます。ひと月2時間のカーシェアリング時間を超えると、1分ごとに追加の利用料金として0.29ユーロが課金され、1日使用した場合で最大43.5ユーロ。

車両の充電は完全に無料。フル充電された新型フィアット500がユーザーに提供されます。新型フィアット500はゼロエミッション車のため、欧州の主要都市に設けられた交通制限区域の「グリーンゾーン」を走行することが可能。また、カーシェアリングであるため月額駐車料金も不要となっているそうです。

車両交換は無料とのこと。トリノの充電ステーションのネットワークは、2021年末までに合計500を超える見通しで、LeasysGO!は2021年末までに350台のEVフィアット500を350台を用意する予定だそうです。

出典:https://www.fiat.it/

 

ボルボEV車は限定でサブスクも導入

北欧スウェーデンのボルボ(VOLVO)から日本に初導入されるEV・電気自動車「C40リチャージ」は、2022年1月に日本市場での発売が決まっています。ボルボは2025年を目処に日本国内での新車販売率の内35%(年間約9000台)をEVモデルとすることを目指しているそうです。

日本でのEV発売に伴い、限定100台をサブスクリプション(定額課金)サービスで提供するとのこと。2021年11月末までの受付の後、抽選で当選した人は頭金なしで、車両代や保険料や税金などを含めて月額11万円で利用することができるというもの。サブスク型販売でEV車の販路拡大を狙います。

C40リチャージはボルボがEV専用車として開発された初めての車種。電池容量は78キロワット時で、満充電すると485キロメートルの走行が可能。価格は一律719万円でオンラインのみで販売されるそうです。

元々ゼロエミッションカーに対する意識の高いヨーロッパ車メーカーだけに、日本市場への攻勢は経済的な面での見地からも強まってゆきそうですね。まだ日本では充電環境のインフラ整備に時間がかかると言われていますが、消費者およびマーケットの動向如何では急ピッチで加速していく可能性もありますし、数年先の未来すらまったく予測不能…!

-EV フィアット500e

Copyright© EVフィアット「500e」ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.