FIATの電気自動車&ハイブリッド情報

EVフィアット「500e」ブログ

EV電気自動車 全般

フィアットは水素燃料電池の開発から離脱し天然ガスを選択

投稿日:2013-06-20 更新日:

フィアットは、3世代の開発の後に技術に背を向けることにより、内燃機関の長期的な代替品として水素燃料電池車を開発するという業界の傾向に逆らいました。

最小かつ最軽量の原子である水素は、天然ガスが分配される方法で全国のパイプラインに沿って汲み上げるのは非常に難しいと考えています。また、化石燃料から改質された水素には、白金触媒をゆっくりと汚染する少量の一酸化炭素がまだ含まれているため、燃料電池の寿命が短すぎると考えました。

水素の改質に使用されるエネルギーを考慮に入れると、この技術はディーゼルエンジンに比べて大幅な効率向上をもたらさないと述べています。

短期的にはフィアットは圧縮天然ガス(CNG)を選択。フィアットは、CNGパンダ(86g / kmのCO2を排出)は、ディーゼル車よりも空気の質に優れているだけでなく、ガソリン車よりも優れていると述べています。

所有者が国内供給からCNGを充填できるようにするホームコンバーター(一部の米国の住宅ではすでに現実的です)を使用すると、便利で安価で比較的クリーンな燃料になります。長期的には、フィアットは、道路に設定された電流を使用して移動中に電気自動車がワイヤレスで充電されることを望んでいます。これは、クアルコムハローが英国ですでに実証した誘導充電と同様のアイデアです。

その場合、バッテリーは、ある充電された道路から次の道路に移動するのに約20マイルの範囲しか必要としません。フィアットは、イタリアや英国の大きさの国の費用は約500億ポンドになると考えています。これは、ロンドンからバーミンガムへの新しい高速鉄道リンクの推定330億ポンドのコストと比較されます。 

しかし、水素にはまだ多くの支持者がいます。その中には現代と起亜が含まれます。韓国は他の化学プロセスの副産物として十分な水素を生成し、24万台の真にグリーンな車を運転します(英国の道路には3100万台の車があります)。現代と起亜自動車は、改質水素が依然としてCO2を生成することを認めながら、全体的なCO2への影響は従来のエンジンよりも低いと述べています。

-EV電気自動車 全般

Copyright© EVフィアット「500e」ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.