FIATの電気自動車&ハイブリッド情報

EVフィアット「500e」ブログ

フィアットの電気自動車

フィアットのミニバン『Ulysse ウリッセ』の100%電気自動車(BEV)が生産開始

投稿日:2021-10-30 更新日:

フィアット・アバルトブランドが所属するステランティス(Stellantis)は、フランス北部のバレンシエンヌ近くのオルデンにあるステランティスの工場で生産開始を予定している新世代の車両の発売を発表しました。1つはフィアットのミニバン『ウリッセ Ulysse』です。もう1つは、フィアット『プロフェッショナル』という小~中型商用車とのこと。

 

  • 小~中型商用車のFiatプロフェッショナルとMPV(Multi-Purpose Vehicle)のウリッセを、フランスのStellantis Hordain工場で生産開始を予定。
  • とちらの車種も100%電気自動車(BEV)だけでなく、内燃エンジン・モデルも用意
  • 最大3つの長さで利用可能な幅広い商用車を用意することでフィアット『プロフェッショナル』の地位を強化

2つの新しいモデルは、ICE(内燃エンジン)バージョンと100%電気(バッテリー電気自動車)バージョンの両方で利用可能になります。具体的には、内燃機関はディーゼル駆動で、マニュアルまたはオートマチックトランスミッションとペアになります。

小型商用車は、バン、コンビ、プラットフォーム付きキャブの3つの構成で提供され、すべての専門的な輸送要件を満たします。どちらの車両もEMP2プラットフォームに基づいており、そのモジュラー性により、非常に異なるモデルやセグメントに適応することで、さまざまな市場の特定のニーズを満たすことができます。

プラットフォームは、プジョーエキスパートとトラベラーモデル、シトロエンジャンピーとスペーストゥーラー、オペル/ヴォクソールビバロとザフィーラライフにも使用されているそうです。

 

  • 大家族やビジネスセクターを対象とした、6〜9席のさまざまな組み合わせで利用できる多目的バージョンのフルレンジ。
  • 1994年から2016年の間にフィアットの有名モデルのいくつかが製造されていたフランスの歴史的な工場への回帰
  • 両方のモデルのBEV構成は、ゼロエミッションモビリティへの継続的な移行への対応と、包括的なステランティスの電化戦略の具体例として、多くの関心を集めています。
  • 2030年までに、ステランティスの低公害車は、ヨーロッパでの売上高の70%以上、米国での売上高の40%以上を占め、2025年までに300億ユーロ以上の投資が見込まれる。

 

フィアット・ウリッセとは?

1994年、ヨーロッパでのミニバン市場で売れていたルノー・エスパスへの対抗車としてフィアットグループとプジョー・シトロエンが共同でミニバンを製造販売することになった『ユーロバン』。イタリアのフィアット社では『ウリッセ Ulysse』の車名で販売されました。2002年のジュネーブモーターショーで2代目モデルが発表されています。

”ULYSSE” (ウリッセ)とは、古代ギリシアの長編叙事詩である”Odyssea” (オデュッセイア)のイタリア語読みに由来する名前です。

 

 

フランスに戻るのは、そこで最も有名なモデルのいくつかを作成した2つのイタリアのブランドです。1994年から2002年に製造されたハイエンドのフィアットユリシーズMPVと、1996年から2016年に製造されたフィアットスクード商用車です。 1992年に当時のフィアットとPSAグループ間の歴史的な1978年の合弁事業の結果として、工業団地は2つの新しいフィアットとフィアットプロフェッショナルモデルの「ゆりかご」となり、新しい、ますます持続可能で、環境にやさしい都市型モビリティを目指します。

前任者の成功に触発されて、2つの新しいモデルはフィアットユリシーズとフィアットプロフェッショナルスクードの名前を取ります。それらは、トリノを拠点とするブランドの範囲を後押しし、大家族、RV車市場、運転手付きの交通機関、専門家、および艤装品を対象としたゼロエミッションソリューションとして機能します。実際、両方の車両の使い慣れた信頼性の高い内燃エンジンバージョンには、革新的な100%電気モデルが加わり、一般の人々の間で大きな関心を集めることになります。 

したがって、新しいフィアットおよびフィアットプロフェッショナル世代は、ゼロエミッションモビリティへの継続的な移行への対応です。具体的には、都市部での小型商用車の使用が増加していることもあり、オンライン配信サービスの需要の増加もあり、これらの車両は都市での排出量の削減に大きく貢献します。同様に、乗客を運ぶバージョンは、家族が「グリーン」なアクティブなライフスタイルを楽しむことを可能にし、革新的なハイテクデバイス、セグメントの上部にある並外れたレベルの快適さとスペース、および高度な安全機能の恩恵を受けます。

フィアットプロフェッショナルスクードの注文は、今年の終わりから来年の初めまでの間に主要国で開始され、フィアットユリシーズは2022年の第1四半期までに利用可能になります。

ステランティスは、この文脈ですでに主導的な役割を果たしており、商用車におけるその明白なヨーロッパの優位性と、電気商用車の世界的リーダーになるという明確な意図によって証明されています。同様に、グループは包括的な電化戦略を目指しており、その象徴的なブランドにエキサイティングで最先端の車両を提供し、社内の専門知識とパートナーシップ/合弁事業の両方を活用して、手頃な価格で高度な技術を開発しています。今後3年間で、商用車の電動化への道のりは、2021年末までに水素燃料電池を搭載したバンを提供するなど、すべての製品と地域に展開されます。

2030年までに、ステランティスの低排出ガス車は、ヨーロッパでの売上の70%以上、米国での40%以上を占めると予想され、2025年までに電化とソフトウェア開発に300億ユーロ以上の投資が行われル予定。

-フィアットの電気自動車

Copyright© EVフィアット「500e」ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.